2011年11月01日

テストボールの試投A

 こんにちは、日エボのOです。本日も試作のボールをテストしてきました。
今回はコアのテストです。
開発室兼テスターのS氏が作ったコアはどうなるのか?
PHOT0002.JPG

 私たちは試作ボールをテストするときには、独自基準に従い、細かい部分を観察していきます。
今回はコアのテストなので、フレアの状況を確認しました。
PHOT0016.JPG

 レーン上をボールは移動していくわけですが、
オイルゾーンではボールは滑るような動作をしますが、ピン近くのドライゾーンになると
オイルがしかれていないため、急激にボールとレーンとの間に摩擦が生じます。
この時に、コアが持つ慣性モーメントによってボールの動きが決まってきます。
フレアの幅が大きければ大きな起動、幅が小さければ小さな軌道を描くことが多いです。
今回の試作ボールのフレア幅は大きいです。したがって、大きな曲りを生み出す設計になっています。

 後日、ボール軌道の動画をアップしますので楽しみにしていてください!!!


写真の日付がおかしくてすいません。
posted by No〜ガーター at 15:44| Comment(1) | 近況
この記事へのコメント
できるだけスキッドが長く、ドライポイントで切れよく曲がるインパクトセオリーとオーラを算したようなボールを造ってくださいませ。
Posted by 夏くるめ旅 at 2013年01月23日 04:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: